【人妻熟女】不倫プレイで背徳感を味わいながら絶頂へ【乱れすぎ】

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%8135

不倫の話題は尽きる事がありませんね!
ちょっと落ち着いてきたかと思うと歌舞伎界でまた不倫騒動が・・・
この夫婦は大丈夫だと思ったんだけどなぁ。奥さんが可哀想です。

しかし男は複数の女性を求めるもの。本能的に多くの女性に種付けしたくなるんでしょうかね。
結婚してないのでオイラにはわかんないですけど。

でもたまには不倫の気分って味わってみたいじゃないですか。
そういう時は風俗に頼ります。
不倫気分なら人妻店で遊ぶのが一番ということで、日本橋にある人妻倶楽部に行ってきました。

35%e4%ba%ba%e5%a6%bb%e5%80%b6%e6%a5%bd%e9%83%a81コース60分
料金10,000円
指名料2,000円
ホテル代込み
総額12,000円

オーソドックスなホテヘルでお店の受付に行って料金を支払いホテルへ移動します。
このホテルへの移動中からもう不倫プレイ始まっています。
まぁオイラの脳内でだけなんですけどね。

人妻店でイメクラも楽しめるんですよ。
妄想力バンザイです。

今回指名したのはちょいと熟女なH嬢。
スタイルの良いすらっとした美人系の女性でした。

腕を組んでホテルまで歩き、不倫の背徳感を味わいます。
すれ違う人の目をちょっと気にして隠れるようにホテルに入ります。
(妄想中なので嬢から変に見られていないかちょっと不安でした)

部屋にはいると少し雑談してからお風呂の準備をしてくれます。整ったら服を脱がせてくれてその間もボディタッチがありました。
人妻ならではのエロさが出ています。
服も綺麗にたたんでくれて、こういう気遣いに男は弱いっすね。

お風呂でも体を丁寧に洗ってくれて、泡を流す時に跪いて息子にパクリ。
上目遣いでエロく舐めてくれて、あやうく発射してしまうところでした。

なんとか我慢して一緒に湯船につかりいちゃいちゃして嬢の体を触り感触を楽しみます。

体も息子もホットになった所で湯船から上がり、先にベッドに行っています。

普段会えない2人がホテルの密室で燃え上がる。
良いシチュエーションです。嬢がベッドにやってくるともう我慢出来なくなって襲いかかります。
唇を塞ぎ舌を入れ、口内を犯します。

嬢の方も舌を絡めてくれて、激しくなる息遣いとクチュクチュといういやらしい音が部屋の中に響きます。
脳内麻薬がまわってきたような感覚で頭の中がボーッとしてきましたが、密着した体を少し離して嬢の体を手で味わっていきます。

少し小さめの胸、腰からお尻にかけての柔らかな曲線を描くラインを触れるか触れないかの微妙なラインでなぞります。
嬢は敏感にその感触を感じて、フルフルと体を震わせます。

長いキスを終え、舌を首筋から胸、脇腹からおヘソへとゆっくりとおろしていきます。
割れ目へ到達する頃には嬢のアソコはグッショリとしており、指もいきなり2本がすんなり入っていきます。

はじめは入り口をじっくり攻めて味わい、どんどん奥へと指を侵入させていきます。
舌でクリを刺激しながら奥を激しく攻めているとビクンビクンと腰を震わせて絶頂を迎えてくれました。

責めを十分に味わったら今度は嬢にご奉仕してもらいます。
息遣い荒くオイラの上に覆いかぶさり全身をリップしてくれます。

嬢の舌技は絶妙な力加減でオイラの体を刺激します。息子の方も反応してきて大きくなり、それを見た嬢はニヤリと笑って体を舐めながら手で刺激していきます。
どんどん硬くなってきてちょっとやばくなった所でおもむろに咥えられました。

あ、コレやべぇと思った時には既に遅く、一気に口の中で息子を刺激されその快感の波に飲まれてしまいました。
ものの数十秒で腰が震えるぐらい気持ちよくなり大量に嬢の口の中に発射しました。

ひとまず綺麗にしてもらい、洗面所から戻った嬢は、「まだいけるよね?」と笑顔で言ってきましたので、「も、もちろんだよ」と答えると上に乗って今度はローションを使って息子を刺激してきました。
この嬢腰の使い方もうまく、騎乗位素股で動く様子は下から見ていてかなりエロく、どんどん息子も復活していきます。

だいぶ固くなってきましたがまだ射精には届いていない時にタイマーが鳴りましたが、オイラの耳元へ顔をよせて「大丈夫だから気持ちよくなってイッテ」と囁いてくれます。
動きが一段と激しくなりローションのヌルヌルと嬢の声とでかなり気持ちが高ぶりそのまま発射することができました。

搾り取られるように二発もださせてもらい、かなり気持ちよかったですね。
外では人目を気にして隠れ、部屋で二人きりになったら激しく絡み合う不倫カップルを体験できて良かったですね。

(Visited 36 times, 1 visits today)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。