【ミナミの夜を】難波ホテヘルでしっぽり【人妻と】

アイキャッチ6

会社帰りにちょっと足を伸ばしてミナミへ飲みに行っておりました。
1人で気ままに飲み歩き、周りの賑わいからは隔絶された1人の時間。
ちょっと浸りながら飲んでたんですが、やっぱり寂しくなってきちゃったんですよねw

そりゃ周りでワイワイ楽しそうに飲んでるの見てりゃ、おっさん1人で飲んでたら寂しくなるわっ!

そんな寂しさを癒やすべく、ほろ酔いで風俗街の方へ歩いて行きました。
選んだお店は街角奥さん難波店です。

48%e8%a1%97%e8%a7%92%e5%a5%a5%e3%81%95%e3%82%93%e9%9b%a3%e6%b3%a21コース60分
料金11,000円
指名料1,000円
ホテル代込み
総額12,000円

寂しい時は人妻系のお店の方が癒やされます。
包み込んで甘やかしてもらいましょう。

お店の受付ですぐに遊べる女性を案内してもらいます。
こういう気分の時は笑顔が優しくてちょっとぽっちゃり系の女性の方が良い感じ。

出されたパネルの中からそんな雰囲気の女性を選びます。
支払いを済ませて待合室で暫く待つと、呼ばれますので嬢とご対面です。

にっこり笑って挨拶してくれた嬢は、とても性格が良さそうです。
ホテルまでの移動中も、オイラの愚痴ともいえないたわいない話を聞いてくれましたし、腕を組んでくれましたからね。

部屋に入るとソファーに座って愚痴の続きです。
太ももに手を置いてしっかり聞いてくれました。そのうちムラムラしてきてベッドに押し倒しちゃいましたよ。

「もぅ、お風呂入ってからね」とたしなめられ服を脱がせてもらいます。
オイラが全裸になると、目の前で嬢は一枚一枚服を脱いでいき、綺麗な裸体を晒してくれます。

ニヤニヤしながらずっと見ていると、恥ずかしそうにオイラの視線を交わすようにお風呂に連れて行ってくれます。
丁寧に体を洗ってもらい、息子の方もきれいきれいしてくれます。

ねっとりとした手つきでゆっくりと洗われると、どんどん硬くなってきてしまいます。
危うく発射しそうになって慌てて止めてもらいました。

泡を流して先に浴室から出てベッドに入っておきます。
体を流し終えた嬢がベッドに入ってきて、まずは抱きしめてくれました。

これまでさんざん寂しい寂しいって愚痴ってましたからねw
女性の柔らかい体に包まれているとなんとも落ち着いて癒やされます。

しばらく抱かれるままになり、匂いと感触を楽しみました。
でもそれだけじゃやっぱり終われませんよね。抱かれながらもおっぱいやお尻にちょっかい出していきます。

ツンツンと乳首をつついていると固くなっていき、艶やかな声も漏れてきます。
覆いかぶさって吸い付くとその声も大きくなっていきました。

エロモードに入ったのでガンガン責めたて嬢の気持ちいい所を探していきます。
おっぱいが一番感じるようで、舌で責めながら太もも、股へと手を伸ばし最奥へと指を入れていきます。

ぐっしょりと湿った秘所を執拗に責め立てると、体を震わせて達してくれたようです。

攻守交代してじっくりと息子の方を責めてもらい、我慢ができなくなった所でお口の中に大量に発射させてもらいました。

時間がまだあったので、ティッシュで拭いたりうがいしたりして後処理をして、ベッドでまた抱きしめてもらいました。
やっぱり寂しい時は女性の体に癒してもらうのが一番ですね!

(Visited 32 times, 1 visits today)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。